歴史と自然のまち「亀岡」

亀岡市に住みたい!

亀岡市の特産品

亀岡市はその豊かな自然と豊富な水のおかげで、農林水産業が盛んです。そのため京野菜や丹波黒豆、馬路大納言小豆、丹波栗、丹波松茸などの野菜や、亀岡牛や丹波地鶏、猪などの肉類、鮎などの川魚などが特産品としてあげられます。また、日本で唯一、ハバネロの商業水準での生産も行われています。そのほかにも地酒や犬甘野そば、陶芸などが有名です。

京野菜

亀岡市では年間を通して多くの京野菜が作られています。

みず菜

一年中収穫されています。旬の時期は11月から12月にかけてで、江戸時代以前から栽培されてきた野菜といわれています。近年では関東地方などでも一般に広まっています。京都のみず菜は千筋京みず菜とも呼ばれ、茎の部分が細く色白なので、葉の緑とのコントラストがとても美しい野菜です。歯ざわりのいいシャキシャキとした食感はサラダにも鍋物にもあう万能の野菜です。

壬生菜

一年を通して収穫されます。旬の時期はみず菜と同じく11月から12月で、壬生寺付近で多く作られていたことからこの名前が付けられました。ほんのり香りと辛味があり、葉が卵のような細長い形をしています。ビタミンCや食物繊維が豊富に含まれているので女性に人気です。昔から千枚漬けに添えられるなど高級品として扱われていました。香りを生かしておひたしやサラダなどで食べるとおいしい野菜です。

九条ねぎ

周年出荷されます。九条ねぎは青ねぎの一種で、昔から京都市南区の九条周辺で多く栽培されていたためこの名前が付きました。葉が柔らかく内部にぬめりがあるのが特徴です。甘みがあり、葉の緑の部分にはカロテンやビタミンBを多く含む栄養満点の野菜で、風邪の妙薬として古くから親しまれてきました。味噌汁や鍋物、和え物にぴったりです。

京たけのこ

4月から5月にかけて収穫される春の野菜です。刺し身として食べられるほど軟らかく、甘みがあるのが特徴です。天ぷらや煮物などで楽しまれています。栽培は全ての作業を手作業で行われており、農家の方が手間隙をかけてつくっています。

万願寺とうがらし

7月下旬から10月下旬までに収穫される野菜です。大正末期に伏見とうがらしと大型ピーマンが交雑して出来たといわれています。果肉は大きくて柔らかく、甘みがあります。また、種が少ないためとても食べやすいということで有名です。京野菜の中でも知名度が高く、最近ではスーパーなどでも手軽に購入できます。炒め物や天ぷらなどいろいろな料理に適しています。

自然と住まう町

賀茂なす

6月下旬から10月下旬まで収穫されます。亀岡市内での賀茂なすの生産は昭和50年ごろから始まりました。賀茂なすは、葉っぱが果実に触れるだけで傷が入ったり、排水のタイミングがずれると色艶が悪くなるなど非常にデリケートで栽培が難しいことで有名です。丸々として豊潤な姿や京野菜を代表する味わいを持つ賀茂なすは「なすの女王」とも呼ばれています。

京こかぶ

10月下旬~12月上旬に収穫されます。果実は真っ白で綺麗なまん丸です。甘みがあり、きめ細かな肉質は、京漬け物やかぶら蒸しなどに適していて、京料理には欠かせない野菜の一つです。また、葉の部分も瑞々しいのでおいしく食べられます。

丹波くり

10月から11月上旬に収穫されます。大きくて柔らかい実は、甘みが強いのが特徴です。ビタミンB1、ビタミンCを多く含み、消化・吸収に優れているため、最近では健康食品としても人気が高くなっています。大きな実を生かして、マロングラッセにしたり、栗ご飯にするとおいしいです。

えびいも

11月から1月にかけて生産される冬の野菜です。皮にえびのような横縞があるため「えびいも」となづけられました。粘り気が強く、ほんのり甘みがあり、煮込んでも崩れにくいことが特徴です。芋棒という、えびいもと棒鱈を煮た京料理が有名です。煮物のほかにもサラダや炒め物に使われることが多く、京都の家庭で親しまれている野菜です。

金時にんじん

5月から6月の初夏にかけてと11月から12月の冬の時期に採れる野菜です。紅色の肉質は柔らかく、にんじん独特の臭みが少なく甘みが強いので子供にも人気です。またリコピンを多く含んでおり、最近ではガン予防に効果があるとして注目を集めています。古くから京料理の彩りとして親しまれており、正月の煮しめやかす汁にはなくてはならない野菜です。

くわい

京都のおせち料理にかかせないくわいは12月に収穫されます。塊茎を食用とし、「芽が出る」ということで縁起物として扱われてきました。ユリ根に似たほろ苦さがあり、煮物にするとほっくりとした食感が楽しめます。揚げ物や鍋物でもおいしくいただけます。

馬路大納言小豆

馬路大納言小豆は高級品の丹波大納言小豆の中でも最高級品の小豆で、粒が大きく煮崩れしにくいため風味がよく、京菓子には掛け替えのない存在です。馬路町でしか生産することができない品種で、隣接の河原林や千歳などの町で同じ種をまいても、普通の丹波大納言小豆になってしまいます。また、京都府産丹波小豆の愛称である「紫ずきん」は当時の京都府知事・荒巻禎一さんによって付けられました。

丹波松茸

秋の味覚の王様・松茸。中でも丹波松茸は香りがよく、弾力のある歯ごたえが人気となっています。収穫時期は9月下旬から10月下旬です。近年その数は減少傾向にあり、高級品として広く全国に知られています。歯ごたえを生かして土瓶蒸しにしたり、松茸ご飯にして食べることが多いそうです。

丹波黒どり

丹波黒どりは、京都・兵庫両県にまたがる丹波山系のふもとで育てられている地鶏です。きめ細かい肉質や歯ごたえ、コクのある味が評価され鶏肉の王様とも呼ばれています。一般的な肉鶏の飼育期間が50日前後なのに対し、丹波黒どりは90~110日間かけてじっくりと飼育されたあと出荷されます。そのため鶏肉の中に旨味成分のアミノ酸やリノール酸、グルタミン酸が蓄積されコクのある味わいを生むそうです。また一般的な鶏舎は一坪あたり60~70羽の鶏を詰め込みますが、「丹波黒どり」は28~30羽に留め、ストレスが溜まって病気になったり、伝染病に罹ったりするのを防いでいるのだそうです。

亀岡牛

亀岡牛は亀岡市内で飼育されている黒毛和牛です。14ヶ月以上亀岡市内で飼育されないと亀岡牛とは認められません。亀岡市では京都府内の和牛の頭数の3割をしめており、京都を代表する和牛として有名です。亀岡市の気温は、夏と冬で35度以上の気温差があり、牛にとっては厳しい環境になっています。ですが、おいしい水と空気やその厳しい環境が、牛の身を引き締めるため、とても味わい深い肉になります。一般のブランド肉と比べ、亀岡牛は長めに飼育して牛が成熟するのを待ち、出荷します。それにより肉の風味や脂の旨味を引き出し、さっぱりとした味わいに仕上げています。

地酒

良質な地下水に恵まれた亀岡市では、地酒作りも盛んに行われています。市内には、大石酒造、関酒造、丹山酒造の3軒の蔵元があります。

大石酒造

美山のお酒 てんごり
京都府美山のお米でつくられた、ほんのり甘口でコクがあるお酒。
生もと辛口
生もと仕込みの辛口原酒。男性にオススメ。
酒伝 鬼ころし
生もと造りの辛口本醸造でアルコール度数20%の原酒。

関酒造

この花桜
昔ながらの手法、袋しぼりでつくられたお酒。まろやかな口当たりが特徴。

丹山酒造

ジャボン
純米微発泡酒。シャンパンのような味わいでレモンやライムを絞って飲むのがオススメ。
飯櫃-ぼんき-
白ワイン風の純米酒。甘酸っぱい味わいが特徴。
雪月花嵐山
さわやかな香りとすっきりとしたのど越しが特徴。
いま密かに人気の観光スポット「亀岡」
2013 歴史と自然のまち「亀岡」
京都府亀岡市 亀岡市の特産品 亀岡市のお祭り 亀岡市オススメ観光スポット 出雲大神宮
保津峡 亀岡の自然 亀岡市出身の有名人 明智光秀 亀岡市の姉妹都市